WUBAROSIERMASCHINE
Hiromichi Nakao
Hiromichi Nakao twitter page Hiromichi Nakao instagram page Hiromichi Nakao facebook page

Blog

シネマ尾道さんでの上映が終了しました。

お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

尾道では日常(生活)と非日常(旅)がいい塩梅で混ざり合う滞在をしました。

滞在先(右の瓦屋根の家)は視覚的にも音的にもロケーションが抜群。

縁側からは海が見える。眼下には小学校の校庭があり、

毎朝子供たちの声で目覚める。坂の下の電車音。船の音。造船所の音。

 

映画のまち尾道といえば、尾道三部作、東京物語、裸の島、放浪記など

数々の名作を想起しますが、僕の暮らしていた家は山の中腹にあり、

複雑に入り組んだ高低差の激しい小径が『友達のうちはどこ』のポシュテ村のようでした。

夜は真っ暗で、少ない街灯と民家の窓明りを頼りに進んでいきます。

空は星だらけでした。

 

あの街に、劇場に、風景に、人々に、心から魅せられました。

色々落ち着いたら、もう少し長く暮らしてみようと思っています。

 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。